外壁塗装のオススメ配色紹介|沼津市の外壁塗装・屋根塗装【S-N1】

一級塗装技能士×高度な技術

外壁塗装・屋根塗装ならS-N1
確かな技術でお客様の大切な住宅を守ります

一級塗装技能士×高度な技術

外壁塗装・屋根塗装ならS-N1
確かな技術でお客様の大切な住宅を守ります

外壁塗装のオススメ配色紹介

2022年05月30日 11:07:39

外壁塗装をしなければならないとき、外壁塗装をしたいと考えたとき、どの色にするかはかなり悩ましい問題ですよね。
外壁塗装を行うにあたり、色選びに悩んでいる方へ、外壁塗装のオススメ配色4選をご紹介します。
オススメする配色のポイント、選び方の注意点もご案内しますので、参考にしてください。

■外壁の汚れが目立ちにくい色

外壁塗装は外壁を保護する役割を持ち、保護作用を維持するためにも定期的な塗り替えが必要です。
もっとも、耐用年数が経過する前でも、外部から吹き付ける風雨とともにホコリや泥汚れが付いたり、経年劣化して苔などが目立つことがあります。
メンテナンスの手間を軽減し、長く美観を維持したいときには、汚れが目立ちにくい色を選ぶのもオススメです。

・暖色系

白など薄い色は汚れが目立ちやすいです。
土埃などと同じ色に見えるベージュやブラウン系の色なら汚れが目立ちにくくなります。

・寒色系

黒なら目立たないし、モノトーンでカッコいいと思われるかもしれません。
ですが、黒い外壁は土埃などが白く浮き、思いのほか目立ちます。
威圧感もあるので、温かい雰囲気がお好みの方にはあまりオススメできません。
寒色系で汚れが目立たない色としてはグレーやブルーグレーなどがオススメです。

■失敗しないためのポイント

色選びで失敗しないためのポイントを大きく3つご紹介します。

・必ず色見本を確認する(可能であれば屋外でも確認する)

ベージュやブラウン、グレーといっても、さまざまな色味があります。
たとえば、ブラウンにも、オレンジに近い色や黄土色と呼ばれる明るいブラウン、ダークブラウンや焦げ茶色など黒みがかった暗いブラウンもあります。
口頭で伝えただけでは、お互いのイメージに差が生じて、希望する色にならないリスクが大きいです。
そのため、必ず色見本をご覧になって確認してください。
室内と屋外では光の加減で見え方が異なる場合があるため、できれば屋外で外壁に見本を当てて確認するとより安心です。
天候や時間帯によっても、色の見え方が異なるので可能であれば、晴れた日、曇りの日、昼間、夕方や夜間などで見え方の違いを確かめると、よりイメージに合う色を選べます。

・付近の家の外壁も確認する

自宅だけを考えてしまうと、周囲の景観と合わず、悪目立ちしてしまったり、浮いてしまったり、逆に沈んでしまうことがあるので注意しましょう。
派手な色は周囲の景観に合わないリスクある一方、付近の家の外壁と比べて暗すぎる色にすると、景観に溶け込みすぎたり、や近寄りがたい印象を与えてしまうことも少なくありません。
個性的にしたい気持ちはわかりますが、付近の家との調和を考えながら、色選びとデザインで勝負するのが、美しい外観にするコツです。

・複数色使用する場合は見本を並べて確認する

1階部分と2階部分の上下で色分けすることや左右で色分けするツートンカラーのデザインも人気です。
複数の色を使用する場合、何となく合う、好きな色だからと組み合わせるのではなく、実際に色見本を並べて、マッチ度を確かめましょう。
窓枠やベランダ、鉄部などにアクセントカラーを入れたい場合も、見本を並べて確認するのがオススメです。

■まとめ

外壁塗装のオススメの色選びとして、外壁の汚れが目立ちにくい色が選ばれています。
長期にわたって美観が維持でき、メンテナンスの手間も軽減できるためです。
外壁塗装のオススメ配色4選として、暖色系ならベージュやブラウン系、寒色系ではグレーやブルーグレーがオススメです。
白や黒など薄すぎる色、濃すぎる色はかえって汚れが目立つので、あまりオススメできません。
色選びで失敗しないためのポイントとして、必ず色見本を確認すること、付近の家の外壁を確認すること、複数色使用する場合は見本を並べて確認することを心がけましょう。

一覧へ戻る

  • お客様の声
  • よくある質問

S-N1(エスエヌワン)
〒410-0306
静岡県沼津市大塚1121-4 O-105

お家の外壁や屋根に目立った汚れや劣化はありませんか?沼津市の【S-N1】では定期的なメンテナンスとして外壁塗装や屋根塗装を行います。初めての方もまずはお気軽にご相談ください。

TEL.055-941-9439

代表直通:090-1783-1973
営業時間:8:00~19:00(不定休)

※セールス・勧誘はお断りしております

ページの先頭へ